株式会社フルカワ企画 設立の経緯と住まいへの想い

フルカワ企画は社長の古川と工事部長 宮邉の2人で切り盛りする、大分の小さな工務店です

2人の出会いは今から約20年前。
当時、お互いに違う会社で勤務しており、同じ建築関係と言う事もあって横のつながりもあり、とある現場で古川と宮邊は出会いました。
年上の古川は面倒見もよく、宮邊は当時より古川を尊敬していました。

そして10年前、古川が独立し、「フルカワ企画」を設立。
設立から5年後、法人格にしたのをきっかけに、社長の古川が宮邊へアプローチ。
宮邉は、以前から古川にお世話になった経緯もあり、「何か自分で手伝う事が出来れば」という想いで、その当時17年間勤務してきた不動産・建設会社を退職し、お世話になった恩返しをすべく、フルカワ企画へ入社。
そこから古川・宮邉 二人の「株式会社フルカワ企画」が始まりました。

ハウスメーカーや大規模工務店のように、CMなどの広告宣伝を打って、きちんとしたコーディネーターや営業さんがいる企業には、太刀打ちできない面もたくさんありますが、当社のような地方の小さな会社は、信頼第一で、工事をご依頼頂いたお客様からのご紹介が、有り難い事に8割程度にものぼります。

モットーは「きめ細かい仕事と心配り」
施工担当者と施主様、ご家族との対話が重要です

新築の場合は、最初に家族構成や欲しい部屋、設備などを細かく打ち合わせして、そこから図面を起こすのですが、話が進むにつれ、最初は考えつかなかったような色々な要望も出てきたりします。
例えば電気関係(コンセント関係)は、後付けだと使い勝手が悪くなる事が多いので、最初から多めに考えて頂くようにし、人それぞれで必要箇所が違うので、後で後悔しないように とアドバイスをさせて頂いています。

「家は人生で一番高い買い物」
だからこそ、妥協してほしくないですから・・・
弊社がモットーとして掲げている、「地域に根付いた小さな工務店だからこそ出来るきめ細かい仕事と心配り」が、ご紹介の連鎖につながっているのではないかと自負しています。

将来も、お客様からの信頼を得ながら、引き続きお客様からご指名を頂ける会社であり続けるよう、努力していきたいと思います。

大分は広そうで狭く、話していくうちに共通点が見つかったり、共通の知人がいたりして・・・縦や横のつながりがとても多いところです。
だからこそ、信頼関係のあるお付き合いを心掛けていきたいと考えています。

新築・リフォーム・ガーデニングは、【営業のプロ「古川」】と【現場管理・監督のプロ「宮邊」】のフルカワ企画にお任せください!

お問い合わせはこちらから
ページのトップへ戻る